未分類」カテゴリーアーカイブ

なぜ?フリーランスになるのか?

先日、当シェア美容室でフリーランス美容師として働くA君が、インフルエンザにかかってしまいました。

インフルエンザの予防摂取をしたにもかかわらず、発症してしまいました。

当然、出勤停止、お客様の予約はキャンセルせざるを得ない事態になってしまいました。

フリーランス美容師になると、病気やケガで寝込んだりしてしまうと仕事ができなくなってしまうため、途端に収入が途絶えてしまうリスクがあります。

A君は約一週間、仕事が出来なかったので、その間の収入はありませんでした。

多分、相当な不安感に襲われたでしょうね。

フリーランスだけでなく、独立した美容師さんなら誰でもそういう不安を抱えて仕事をしてると思います。

その点、お勤めの場合は病気で休んだとしても、最低限のお給料は保障されてますので、安心だとは思います。

会社で社会保険に入っていれば、傷病手当ても支給されますしね。

休むと収入はなくなるし、代わりにカバーしてくれる人もいない。

社会的な信用も低いし、国保年金で将来の不安も大きい。

それでもフリーランスで美容師をやることの意味はなんだろうか?

もし、フリーランスになるなら、なりたいなら、目的、目標をしっかり考えて欲しい。

そして、フリーランスになっても、自分の思うような事が実現しそうにないなら、諦めて、目標達成できるであろう別の道に進むべきだ。

私は「リスクをとるなら支払いを受けるべきだ」と思う。

だから、フリーランスというリスクを取るなら、金を稼げなければ意味がない、とまで思う。

「お金より時間が欲しい」という人もいるだろうけど。

自分がシェア美容室をやっているからよく分かるんだけど、実は稼げてないフリーランス美容師は沢山いると思うよ。

損切りできない美容師も沢山溢れている。

40代、50代になって稼げなくなってから、身体が動かなくなってから、気付いても遅い。

だから、フリーランスで、お勤めのときよりも金を稼いで、資産を築いておく。

逆に言えば、資産を築けないようなら、辞めたほうがいい。

資産を築けないなら、リスクを取る意味がない。

それくらいの覚悟でフリーランスになるべきだと思うよ。

 

 

収入を増やす

前回の記事から、年を越してしまいました。

ブログを続けるというのは難しいですね。

というのも、「収入を増やす」ということについて、何をどう伝えればよいか?悩んでしまい、なかなか更新することができませんでした。

例えば、ダブルワークで本業とは別に、アルバイトをする、というのであれば、働いた時間は必ずお金になりますので、確実に収入は増えます。

そうではなく、本業とは別に副業で収入を増やす、となると、「収入を増やす」というよりも、「運用する」という枠のほうに近いかなと思います。

なんというか、「収入を増やす」ことと「運用して増やす」ことは、俯瞰してみると、重なり合う部分が相当あり、単に「収入を増やす」だけなら、アルバイトをする、これが正解だと思うし、単に「運用する」なら、株や投資信託などのペーパーアセットの説明だけで十分のような気がするんですね。

ちなみに、私の場合は以前Twitterでも書きましたが、昼間は自営業で一人美容室をやりながら、夕方から深夜にかけて工場でアルバイトをし、お金を貯めました。

もちろん、ダブルワークで収入が増えましたが、それだけではなく、アルバイト先で厚生年金に加入してもらい、さらには給与所得控除の恩恵も受け、節税しながら収入を増やしました。

それ以外では、不要なものをオークションで売ったりしましたし、美容の講習会の講師の仕事をさせてもらったりして、収入のたしにしました。

本業ではもちろん、単価を高く設定し、時間あたりの収入を最大にする努力をしました。

結局、単に「収入を増やす」ということに関しては、できることは限られているのですね。

本業を頑張って、空いてる時間をお金に変える。

加えて、節税できるなら、最大限の恩恵も受ける。

必要なものは、根性以外ありません。

怠け心に打ち克つメンタル。

これさえあれば、収入を増やすことは、そんなに難しくはないということです。

ただ、大きく儲けるには、労働では無理です。

その無理を可能にするためには、「運用する」が必要になってきます。

また、先ほども書きましたが、単にペーパーアセットで「運用する」と、副業(事業)を興して「運用する」では、内容がまったく異なります。

これに関しては次回以降、それぞれ分けて説明したいと思います。

 

 

再現性のお話し

最近、ツイッターやボイシーで話題のmotoさん。

年収240万→年収1000万への転職術というタイトルのnoteが注目されています。

もうタイトルでやられちゃいますね。

年収240万から1000万ですからね。

この強烈なインパクトにのめり込んでしまう方、多いのではないでしょうか?

なんといっても年収1000万ですからね。

みんなが節目として目指すところなので、実際に読んで実践してみたい!と思うでしょうね。

今は昔と違ってすごく便利な時代になりました。

わからないことや悩みなどの解決したいことや、目標を達成する方法など、ググれば簡単にわかります。

昔でしたら、身近な人に聞くとか、高いお金を払って専門家に聞かなければわからなかったことが、今では無料でわかってしまいますからね。

ただ一つだけ大きな問題があって、それは、情報が本当かどうか?まあ、本当なんでしょうけど、果たしてそれが再現性があるかどうか?ということなんですね。

やったことがないのに、結果がわかるはずはありません。

なので、やってみてできるかできないか?結果を出す必要がありますが、これが後戻りできないことや、コストがかかるといった場合、後悔してしまう事態になってしまう可能性もあります。

そこで、ネットの情報に再現性があるかどうかを判断する場合に覚えておきたいのが、「標準偏差」というやつです。

一番上の図をみてみてください。

簡単に説明すると、ある事柄を数値にして統計をとると事象の一番多い所が山型の一番高いところになり、そこから横に行くにしたがって事象が少なくなっていくということです。(正確な説明ではないと思いますがイメージだけでも掴めてもらえれば)

例えば日本の成人男性を無作為に一万人選び、体重の統計を取ります。

そうすると、グラフは上の図のようになります。

山の一番高いところは何キロになるでしょうかね?

まあ、65キロぐらいでしょうか?

グラフの端は何キロぐらいでしょう?

40キロ?わかりませんが、成人男性で40キロの方は65キロの方よりも遥かに少ないですよね。

ものすごく少ないはずです。

これを踏まえて、motoさんのいう年収240万→年収1000万の転職術を考えてみます。

まず、勤め人で年収1000万というのは、標準偏差の図で端っこに存在する数値であると思います。

勤め人関係なく、日本人で年収1000万以上ある人は4%と言われてますからね。

勤め人という制限があると、さらに少ない1%未満。

転職して年収1000万に到達する確率は恐ろしく低いわけですね。

これはつまり、転職を繰り返して年収1000万にする方法は再現性がない、ということになります。

そこで、ちょっと頭を働かせてみましょう✨

世帯で考えてみます。

だんなだけでなく、嫁にも頑張ってもらいます。

なんや?また嫁か?とツッコミをいれたくなると思いますが、まあ読んでください。

日本の世帯収入の平均が550万くらいなんだそうです。

ということは山の高いところは500万から600万くらいでしょうかね。

で、世帯年収1000万円の世帯は日本で12%もいるそうです。

それほど端っこまではいかないでしょう。

2馬力ですから当然といえば当然ですが、一人で1000万を稼ぐことを考えるより、二人で1000万稼ぐことを考えるほうが現実的だと思います。

とまあ、こういう考え方を知っていると、ネットの情報にいちいち踊らされたり、心を奪われることがなくなりますよ、というお話しでした。

ちなみに、最近こういうのもありましたね。

「少ないお金で美容室をオープンする方法」

お金をかけずに美容室をオープンするのは、誰でもできますね。

工夫すればいくらでもお金を節約できるので、これは再現性がある!といえると思います。

しかし、ですよ。

大事なのは、継続して売上を維持、増やしていけるかどうか?ですよね。

節約したがために、みすぼらしい外観や、しょぼい器材となった場合の売上の標準偏差を考えてみましょう。

継続はなかなか難しいのではないでしょうか?

まあ、何事もやってみなくてはわからないですけどね。

ちなみに、私はそれで一度失敗してますww