税金」カテゴリーアーカイブ

税金について(初心者向け)

フリーランス、個人事業主向けです。

ツイッターで減価償却や事業主貸、借がよくわからないと言った意見がありましたので、その説明をする前に、個人事業主の税金について、ちょうど一年前にアングラ会に投稿したものに加筆を加えて投稿したいと思います。

難しい言葉は次回以降になるべくわかりやすく説明したいと思います。

 

日本に住んでいれば一年間の所得に応じた各種税金を支払わなければなりません。

個人事業主であれば主要な税金は所得税、住民税、国保に加入していれば国民健康保険税が必ず毎年払う税金になります。

税金の計算はそれぞれ計算方法が異なりますが、元になるのは年間の所得です。

所得とは、年間の総収入(売上)から年間の経費引いたものです。

 

総収入 ー 経費 = 所得

 

この所得から各種控除額を引いたものが課税基準額となります。

 

所得 ー 控除額=課税基準額

 

この課税基準額に各税金における税率を掛けると納税額が求められる、というわけであります。

よく、「節税する」とか「利益を圧迫して税金対策をする」というのは、消耗品などを買って経費を積み増ししたり、控除対象となるものにお金を払い、控除額を増やしたりして、課税基準額をより低くし、支払う税金を少なくすることをいいます。

個人事業主の場合、12月31日が決算日となりますので、1年間の売上が多く、利益が出ているというのであれば、当然税金を多く支払うことになります。

税金で支払うくらいなら、仕事に必要なものを購入した方がいいですし、将来のためにお金を残したいと思いますよね。

経費や控除に認められるのは、期首から決算日までに支払ったお金ですので、決算日が過ぎる前に支払いを済ませる必要があるということです。

一年間で利益が多く出てしまった場合の対策としては、経費を積みましするとしたら、倒産防止共済。控除を積み増ししようと思うなら小規模企業共済や確定拠出年金、個人年金保険が代表的な節税対策となると思います。(他にもあると思います。詳しい説明は長くなるので省略します。)

共済については前納制度というのがありまして、次の年に支払うべき掛金を前期のうちに前払いできるという特例があります。

支払いを終えたい月の月始め5日までに共済の事務局に申請書を提出し手続きが完了すれば、その月に支払ったことになります(お金はその月の27日に引き落としされます。)

もし今年、来年の掛金を今年中に払って、今年の経費にしたい場合は12月5日までに、申請書を提出する必要があります。 (金融機関や代理店を通す場合は少なくとも12月2日くらいまでには手続きを完了する必要があります。それではおそいかも?早ければ早い方が安心。)

今年も今から急げば間に合うかも⁉

ちなみに一年間事業を継続した方でなければ加入できません。(一期分の確定申告書があれば手続きできると思います。)

ここからは私の主観になりますが、税金は思った以上に負担が大きいと思います。

フリーランスの場合、経費として認められるものはそれほど多くないと思いますので、実際に請求がきて「えっ?!」となるのではないでしょうか?

お勤めのときよりも収入が多くなったはいいけれど、税金が倍以上になって結局お勤めの時と所得はさほど変わらない、なんて悲しいことが実際によくあります。

お勤めのときに社会保険に加入していた方が独立して、社会保険の任意継続を選択しなかった場合、国民健康保険に加入することになりますが、この国民健康保険税が一番きついです。

理由は、所得から引かれる控除が、基礎控除33万円と青色申告特別控除10万or65万、これしかありません。

所得税や住民税に適用される控除が国民健康保険税にはまったく適用されません。

例えば簡易簿記を選択し、青色申告特別控除10万円の場合、基礎控除とあわせると、43万円の控除しかありません。

フリーランスの年間の収入が500万円だった場合、経費として材料費10%、交通費、消耗品費、通信費他雑費15%、控除43万円として、課税基準額が約330万円だった場合の国保税を算出してみてください。お金の貯め方⇐この記事で税金の計算をしてますので見てください。

笑えない金額だと思います。

子供や家族の多い世帯主はさらにもっときつい。

なぜなら、国民健康保険には扶養という概念がないからです。

どういうことかというと、社会保険の場合は、所得が130万円未満の家族は加入者の扶養に入ることで、保険料を徴収されることはありませんが、国民健康保険は家族の人数分を請求されることになります。

せっかく独立して稼ぎが増えたのに税金の支払いでキャッシュや資産が残らない。

これではなんのために独立したのかわかりません。

ですので、資産を残すためには簿記会計をマスターし、合法で正しい節税をしてキャッシュや資産を残すことが大事だと思います。

ちなみに私が節税する最も大きな理由は保育料を節約したいからです。

そこっ?!とお思いになるかもしれませんが、自治体によっては、保育料は月1万円から月7万円と振り幅がとても大きく、子供一人につき最大年60万円もの開きがあります。

一歳から六歳まで五年間預けたと考えるととんでもない金額になりますよね。

ほんと、日本は子育て世帯には優しくないですね。

しかし、税金のことを知っていれば、保育料も節約できますよね。

正しい節税をして、できるだけ多くのキャッシュを残したいですね。

 

ただし、今後住宅ローンを組みたいという場合や、借入して事業を大きくしたいという場合はあまり節税しないほうがいいかもしれません。

この場合は余剰利益があり、しっかり納税しているということがローンを組む金融機関の評価の対象となりますので、注意が必要です。

 

以上、税金について書いてみました。

ちなみに私は専門家ではありませんので、詳しいことや実際の節税方法、今後の経営計画などは税理士さんや会計士さんに聞いてみて決めてください。

お金の貯め方

資産を獲得するためにはお金が必要だ。

株でも不動産でも事業をするにしても現金が無ければ話にならない。

投資というのは、投入する資金をどのくらいの割合で増やせるか?という利回りの問題であるので、元手が大きければ大きいほど有利だし、実入りも大きくなる。

不動産や事業は、公庫や銀行からお金を借りて投資できるものであるけれど、相応の自己資金がなければお金を貸してくれないから、やっぱり現金が必要となる。

でも、大抵の人はお金を持っていない。

そこで、どうすればお金がたまるのか?というのをファイナンシャルプランナー(FP)なんかに相談にいくと、このように言われる。

「まずは、固定費から見直しましょう。住居費、各種保険、車両費などを見直してみてはいかがですか?」

そう言って、なんやかんやで今までの保険を解約し、その人の勧める医療保険などに加入することになる。

で、結局年間いくら節約になったかというと、年10万円くらいがせいぜいだろう。

サラリーマンであれば、こんなもんだ。

FPの売上の肥やしにしかならない。

しかし、フリーランス(個人事業主)の場合のお金の貯め方はちょっと違う。

もしFPに相談に行き、先ほどのようなアドバイスをするようなら、そのFPはもぐりだ。

フリーランスがお金を貯めようと思ったら、一番多く払っているものを節約しないといけない。

それは税金だ。

※節税とは何事だ!と思う方も世の中にはいるので、あからさまに節税するのはちょっと違うんじゃないの?という方もいると思いますが、たくさん稼げるようになったらたくさん払えばいいので、ここではとりあえず、お金を貯めることだけにフォーカスします。あくまでも節税であり、脱税は絶対したらいけません。収入をごまかしたり、個人的支出を経費にするということではありません。

フリーランスが払う税金で主なものは、所得税、住民税(市民税+県民税)、国民健康保険税、国民年金。

国民年金は 16340円×12か月=196080円 加入者は一律この値段を払う。

所得税、住民税、国民健康保険税は所得の割合で計算される。

基本的な計算式は以下のようになる。

売上ー経費=所得

所得ー所得控除の合計=課税される所得額(課税基準額)

課税される所得額 × 税率=納税額

大体ではあるが、このように納税する金額が決まる。

そして、基本的に一番額が大きいのは、国民健康保険税。

住民税は課税される所得額の約10%で、所得税は課税される所得額に応じて税率が変わる。

例えば、フリーランスの年間の売上が600万、経費として200万で所得が400万だった場合の税金は以下のようになる。

国保税は所得から基礎控除33万円、青色申告控除65万(複式簿記導入し貸借対照表提出の場合)を引いた302万円を課税基準額として計算すると、独身40歳未満の場合で約375000円。

所得税は所得控除の合計が150万だとして、250万が課税される所得額だとすると、152750円。

住民税も250万が課税される所得額すると、約255000円。

年金、国保、所得税、住民税を足すと978830円で約100万円となります。

これに節税対策するとどうなるか?

具体的な方法は割愛しますが、国保は約10万円、所得税は0円、住民税は均等割5000円。

年金はそのままなので、196080円。

合計約30万ちょいになりますね。

年間で約65万円のキャッシュが残ることになります。

ある程度上手くいった独立した個人がお金周りが良くなるのは、無駄な税金を払わないからです。

今後、住宅ローンを組む予定があるなら別ですが、キャッシュを残したいなら使わない手はないですね。

次回あたり、より具体的な方法を書きたいと思います。